初夢はいつ見たものが対象になるの?

初夢はいつ見たものが対象になるの?

初夢はもともと大晦日に眠らない前提で作られた風習です。

そのため1月1日の深夜に眠り、1月1日の朝に見た夢が初夢とされていました。

しかし、今は1月1日の夜に眠り、1月2日の朝に起きて見た夢を初夢とすることが多いそうです。

また、もし1月1日に眠って1月2日に起きた時、夢を見てなければそれ以降に見た初めての夢が初夢になります。

12月31日ー1月1日に起きたときに覚えている夢

大晦日の夜12月31日に寝て、翌日の1月1日の朝に起きた時の夢は初夢になるのでしょうか。

じつはこれ、初夢にはなりません。

この翌日以降に見た夢が初夢となります。

1月1日に寝てー1月1日に起きたときにみた夢

大晦日のカウントダウンを起きて過ごし、夜中の2時ごろに寝るパターンはこちらですね。

初夢の歴史からすると、本来の初夢は、このパターンのときにみた夢になります。

ただ、最近は夜更かしする人も減ったため、

もしこのパターンで夢を見ることができたら、こちらが初夢になります。

1月1日ー1月2日

多くの人はこの日が初夢になります。

初夢を見てない?1月1日以外に見た夢はどうなる?

なお、1月1日ー1月2日に夢を見なかった場合もありますよね。

1月2日以降でも、その新年で初めてみた夢であれば初夢という扱いになりますよ。

まとめ

初夢は主に1月1日ー1月2日に見たものを指します。

1年に1度、せっかくの初夢。

1年の気運や運勢を占うにもうってつけです。

今後のやる気にもかかわってきますね。

せっかくなので、縁起の良い夢が見られると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする