節分の日とは。豆まきの簡単なやりかたまとめ

節分の日とは?

豆をまいて悪を退け、良いことがありますようにと縁起をよくするイベントです。

2019年の節分の日はいつ?

2019年の節分の日は2019年2月3日です。

節分の日は毎年立春の前日にあります。

つまり、節分の日は毎年一定ではありません。

1985年から2020年までは2月3日でしたが、2021年からときどき2月2日になったり、2月4日になったりします。

節分の日の歴史

もともと、季節の変わり目には鬼(邪気)が出ると考えられていました。

その邪気を払うために、悪霊ばらい行事が行われます。

豆まき、すなわち節分は豆をまいて邪気を払うための行事です。

節分は世界にもあるの?

節分は日本だけにある行事です。
お国柄が出ていいイベントですね。

豆まきのやり方のポイント

ポイントは以下です。

・豆を使う
・豆まきの際には声をかける
・まいた豆を食べる

では、次は豆まきの具体的なやり方を見ていきましょう。

豆まきの具体的で簡単な3ステップ

1、豆を用意する

豆を用意します。
スーパーに寄って煎り豆を買えばOK。
大豆が一般的ですが、大豆アレルギーだったら別の豆でも良いでしょう。
神社まで大豆を持っていき、お祓いしてもらう人もいるそうです。

2、豆をまく

実際に豆をまきましょう。
マンションであれば、豆をまく時間は深夜を避けるべきでしょう。
マンションの玄関をあけて、外に向かって投げるとよいでしょう。
なお、片付けをお忘れなく。

3、豆を食べる

外に出た豆はきちんと拾って捨てましょう。
マンション床に落ちた豆を食べると良いです。
食べる豆の数については自分の年齡の数だけ食べましょう。

まとめ

豆まきについては諸説ありますが、あまりこだわリすぎず、抑えるべきポイントだけおさえて、簡単に楽しめればよいなと考えてまとめました。
豆まきの概要を掴んで、楽しく縁起をかつげたらいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする