バレンタインに会社へ義理チョコ!手順や注意点を詳しく紹介。

バレンタインの季節。
会社の上司、同僚などに義理チョコを渡さないとなぁ…とぼんやり悩みますね。
バレンタインイベントでしくじらず、そつなくこなすためにポイントをまとめました。
ぜひ活用して、バレンタインイベントに悩むことなく、楽しくこなしましょう。

チョコレートを一人で渡すのか?女性分まとめて渡すのか?

まず、チョコレートを渡す元について考えましょう。
職場に女性が自分だけの場合は、考える必要がありません。
ですが、複数人女性がいる場合は別。
自分が渡したいと思っていても、同僚はお金を使いたくなかったり、そもそも渡したくなかったりするかもしれません。
どの範囲でイベントをこなすのか目を配る必要があります。

自分が出せる予算は?また、周りが出せる予算は?

自分が出せる予算を決めましょう。
私なら3,000円くらいでは収めたいですが、これは人によって考え方が異なると思います。
また、一緒に出資する人の予算についても把握し、相談するべきです。
後のトラブルを防ぐためにも、気遣いは念入りに行いましょう。

複数人で渡す場合、事前に合意はとっておきましょう

金額はどれくらいがよいか。(予め決めておくことが望ましいです)
チョコレートを配布する範囲はどうするか(リスト化して相談するのが望ましいです)

もし一人で渡す場合は、手作りか市販のものを渡すか決めましょう

部署のみんななどに渡す場合は、圧倒的に市販のものをおすすめします。
手作りのものは、ハイリスクハイリターンです。
手作りはすごく喜ぶ人もいる反面、「怖いな…」や「気持ちが重いな…」と引いてしまう人もいます。
どうしてもすごく喜ばせたい!というなら別ですが、仕事場でイベントのためにやるなら、無難にいきましょう。市販品です。

チョコレートの渡し方について

渡し方は職場の雰囲気や文化、個人感で人それぞれなので、ここではこのような渡し方があるということを説明します。

朝早くに出社し、事前に席へ置いておくパターン

→メールを入れておきましょう

出社してから各机を周り配るパターン

チョコレートをもって各机をまわり、対象の社員に渡します。
タイミングはいつでもいいですが、ランチタイムに配ると、休憩中ということもあり無難です。

チョコレートに添えるメッセージについて

「ぶっちゃけチョコレートなんてなんでもいいから、メッセージがあれば100点、いや1000点満点」という同僚がいました。
それが真実かはわかりませんが、メッセージ付きが喜ばれることが多いのも事実。
「○○さんへ」などのメッセージをつけて、渡すと良いかもしれません。
メッセージの内容は長くなりすぎないものがベスト。いつもお世話になっております。だけでも十分ですよ。

なお、個別メッセージをちゃんと書くことはおすすめしません。
私は職場の同僚20人にきちんとしたメッセージを書いて渡したことがありますが、めちゃくちゃ疲れました。
もう二度としない!(笑)
でも、そういうことが好きな人はいいかもしれないですね。

費用については早めに集金する

かかった費用について、同じ出資者には早めに回収しましょう。
お金関係についてはすみやかに対処することが望ましいです。

1箱にいろんな味があるものがいいか、一つの味がいいか

ひとりひとりにチョコレートを渡すので、一つの味のほうが割引率が高かったりします。おすすめです。

まとめ

せっかくのバレンタインイベント。
普段一緒に働いている同僚たちと親睦を深めるのにもってこいです。
そつなくこなして、今日も会社をこなしていきましょう。
応援しています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする