節分の豆を犬は食べても大丈夫?食べたらどうなる?

2月3日は節分ですね。

豆まきをしたいけど、飼ってる犬が豆を食べてしまうかも…と心配になるかもしれません。

もしくは、豆まきしたけど犬が大豆を食べてしまった!という人もいるでしょう。
我が家でも節分に豆をまいたら、犬が食べてしまったことがありました。

この記事では、

・もしも犬が豆を食べてしまった場合はどうなるの?
・犬が豆を食べてしまったら飼い主はどうするの?
・それでも一緒に節分をしたい!犬を飼っているお家はどうやって節分の豆まきをしているの?

などの疑問にお答えします。

節分に犬が豆を食べるとどうなるの?

犬は大豆を消化することが苦手です。

消化が悪いので翌日の排便時に、食べたときの姿のまま排出されます。

スーパーなどで販売されている節分の豆(炒り大豆)は問題がありません。
ですが、生の大豆だとリスクがあります。
自宅で生の大豆を炒める際には、きちんと火を通しましょう。

節分に犬が節分豆を食べてしまったら、飼い主はどうするの?

犬が豆を食べてしまったら飼い主は大丈夫なのか焦ってしまいますよね。

ですが、少量であれば問題ないので、翌日の排便を観察しましょう。

とはいえ、稀でありますが犬でも食物アレルギーを持つ子がいます。

節分の豆を食べてしまったら、そのあとに変わった様子はないか注意を向けてあげてください。

節分に犬を飼っているお家はどうやって豆まきを工夫してるの?

犬を飼っているお家ではどのように節分を過ごしているのでしょうか。

・豆を食べないようにしつける

・少量(1~2粒)の大豆を細かく砕いておすそ分けする

などがあります。

節分の豆を犬にあげても大丈夫かのポイントまとめ

生の大豆はダメなので、必ず炒めた大豆を使うこと。

大豆を食べたあとは普段と変わった様子はないか注意を向けること。

豆を拾い食いしないようにしつけること。

節分の豆を砕いておすそ分けすること。

などがあります。

今回の記事を参考に、心置きなく節分もわんちゃんと楽しんではいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする