恵方巻きを秋に食べることってあるの?

「恵方巻きを秋に食べる」という話を聞いたことがないでしょうか。

実は、恵方巻きを食べるのは2月3日だけではありません。

そもそも、節分は年に4回あるということをご存知でしたか?

立春、立夏、立秋、立冬の前日が、節分になります。

これら4回の節分があるということ。

つまり!年に4回恵方巻きを食べていいんです。

恵方巻きは2月だけじゃなく、
秋にも食べていいだけでなく、
1年に4回食べるチャンスがあるんですね。

江戸時代以降、節分といえば立春の前日、
つまり2月の節分が一般的になりました。

そのため、恵方巻きは2月の節分に食べる印象が強いですが、
秋、夏、春も食べるチャンスがあるんです。

恵方巻きの由来は?もともと恵方巻きという名前じゃなかった?

恵方巻きとは、節分に恵方を向いて無言で食べると縁起が良いと言われる巻きずしのこと。

”まき”という言葉は「はちまき」からきています。
だから、恵方巻きははちまきのような形をしているんですね…。

恵方巻きを食べる、はもともとは大阪の一部地域の風習でした。

そのときに食べる巻きずしは「恵方巻き」という言葉ではありません。

セブンイレブンが大阪の風習を知って、
それを戦略的に広めたときに巻きずしへつけた名前が
「恵方巻き」だったのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする