クリスマスの告白を成功させる台詞や方法

クリスマスの告白を成功させる台詞とは

クリスマス、デートに誘えた!
脈がある気がするので告白したい…と思っている男性は緊張しますよね。

そんな方に向けて、クリスマスに告白するためのポイントをまとめました。
告白が成功しますように。彼女となることを願って。

クリスマスに告白するからと言って特別なセリフは要らない

クリスマスだからといって、告白するセリフに特別なことはいりません。
王道のセリフで、しっかりと想いを伝えましょう。

「好きです、付き合ってください。」

最低限これでOKです。
テンパったとしても、これだけは伝えましょう。

告白のときに名前を呼ぶ

告白するときには相手の名前を呼ぶことが効果的です。
「○○のことが好きだ、俺と付き合ってほしい」なども良いでしょう。

普段は、○○先輩、○○先生、○○課長、などの役職をつけて呼んでいるけれど、
時々○○さんと呼んでいるという場合には「○○さん」と呼ぶほうが良いです。

ちなみに、いきなり呼び方を変えることは不自然なので、一度も使っていない呼び方は避けましょう。
また、ネットの名前での付き合いがあり、本名も知っているし…などの状況で、どっちがいいのか迷ってしまったら、普段使っている呼び方にしてくださいね。

告白するセリフで誠実性をアピール

相手の事を本気で好きなら、誠実性をアピールしましょう。

好きです+悲しい想いはさせない(誠実性)+付き合ってほしい
好きです+何かあったら頼ってほしい+守るから(誠実性)

女性に「ここまで私の事を思ってくれるなんて、嬉しいな」と思ってもらえるような告白をすると良いです。
「付き合う気がなかったけれど告白の仕方に誠実さが感じられたので付き合ってみた」という場合もあります。

誠実さを感じる男性を毛嫌いする女性はいませんので、勇気を出して肝を座らせましょう。

なお、相手も本気になってほしくなく、軽く付き合ってみたいだけと思うなら、
「好きだよ♪」と軽く告白するのもいいかもしれません。

具体的なセリフを参考に

要点はわかったけど、実際どんなセリフがいいのでしょうか。
ネットでは、こんなセリフが喜ばれたと書いてありました。

「○○さんのことがずっと好きでした。頼りなく見えるけれど、好きな人くらい本気で守れるから、俺と付き合って下さい。」
「世界で一番好きやし、幸せにし続ける努力するから、付き合って」

告白しようかな~と思っているけれど、どんな台詞を言えばいいんだろうと悩んでいるかたは、参考にしてみてください。

クリスマスの告白タイミングは?

社会人であればディナー後、すべて食べ終わってほっと一息ついたタイミングが良いでしょう。
・お店→食べ終わった後
・外→食事が済み、景色の良いところで

会ってすぐのタイミングや、終電ギリギリのタイミングで告白するのは避けましょう。

クリスマスに告白する場所は?

雰囲気の良い場所であれば、どこでも大丈夫です。

相手が良い雰囲気だと感じるところはどこかリサーチしておきましょう。
もしリサーチする時間がないということでしたら、
夜景の見えるレストラン、内装がきれいなカフェ、イルミネーションが見える場所などが良いです。

クリスマスに告白しようと思っているがプレゼントは必要?

クリスマスにプレゼントは必須ではありません。
相手によって変わる可能性があります。
付き合っていないタイミングなので、あまり値段が高いものや指輪などは避けておいたほうがよいでしょう。

絶対告白しようと決めている場合

プレゼントは何かしら用意しておくとよいでしょう。
その際、自分が渡せなくても後悔しない金額のものにしておくと良いです。
告白が成功したら、軽く差し入れる気持ちでプレゼントを渡しましょう。

プレゼントを渡すと告白の成功確率は上がるのか?

プレゼントと告白の成功確率の因果関係は明らかになっていません。
プレゼントを上げることで喜んでもらえるのであればプラスに働くし、逆にプレゼントを渡すことでマイナスになることもあるでしょう。
ただ、プレゼントをあげると喜んでもらえる確率のほうが高いので、何かを贈るほうが告白の成功確率が高いといえます。

まとめ

クリスマスの告白は、告白するセリフよりも前段階の段取りに命をかけてください。

もし要点がわからなくなれば、再度検索してみてくださいね。
クリスマスデートを成功させるためにについては、質問も受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

恋愛は人生にとってのボーナス。
恋人がいると、いつもの日の幸福度も高まりますよね。

クリスマスに告白する男性のみなさんが、告白に成功することを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする