早起きを習慣化する13のメリット

おはようございます、ワカタです。

私はいま、毎朝7時に起きています。
以前は8時過ぎて起きることが常でした。
そこで早起きチャレンジをはじめて3週間ほどになりますが、今のところ9割以上の確率で早起きできるようになりました。
でも、より早起きしてもっと理想の人生に近づきたいと考えています。

モチベーションアップのため、早起きしたほうが良いメリットをまとめてみました!

早起きを習慣化する13のメリット

食事を落ち着いて食べることができる

早起きが習慣化されると、食事を落ち着いて食べることができるようになります。
二度寝をしてギリギリまで眠り、慌てて起きては着替えを行い、遅刻寸前で出社する…という生活をおくっていると、当然食事をゆっくり食べることができません。
朝から栄養のある好きな食事をとることができると、昼や夜にドカ食いをする危険性も防ぐことができます。

お通じの調子がよくなる

早起きすると時間に余裕がもてるようになり、お通じがよくなります。
万年便秘で家族にいじられていた私も、早起きするようになってからお通じが毎日あります。
朝に余裕があると、おなかが活動してトイレに座る余裕もあるのでいいですね。
お通じのリズムができることで、体の調子もよい気がしています。

一日かけて頭がさえる

朝早起きできると、日中の頭が冴える事がわかっています。
早起きすると日中眠くなってしまうのでは?と心配な方はそんなに気にしなくてよいです。
ですが、とっても早起きしたい!という方は夜今よりも早く寝ることを検討してもいいかもしれません。

身嗜みを整えることができるようになる

早起きすると出社するまでに時間があるので、ゆっくりと身支度を整えることができます。
身嗜みを整えると、一日の気分もよくなります。

通勤ラッシュに巻き込まれない

お使いの通勤経路にも、通勤ラッシュがあると思います。
ワカタの使っている電車は日本でも有数の混雑具合を記録する電車であり、通勤ラッシュで一日のエネルギーの半分が持っていかれるといっても過言ではありません。
そんな通勤ラッシュに巻き込まれないのは、すさまじいメリットです。

自分の時間を確保できる

早起きすると、自分の時間を確保することができるようになります。
家族も眠っていることでしょう。
みんな、普段から十分に頑張って生きています。
毎日何かしら誰かのために何かの役割をこなしていますが、一番大切なのは自分です。
早起きすることができたら、自分の人生のために、自分の時間を使ってあげてください。

自律神経を整える

早起きすることで、太陽の光を浴び、自律神経を整えることができるようになります。
体内時計をリセットして、健康な身体に近づいていきましょう。

ダイエットの助けとなる

早起きはダイエットの助けとなります。
夜は脂肪をためやすいですが、朝だとこれからカロリーを消費するということもあり、
カロリーが高いものを食べるなら朝のほうがよいでしょう。

質の良い睡眠を取れるようになる

早起で自律神経が整ってくると、寝つきが良くなります。
寝つきが良くなると、入眠にストレスを感じないことから、質の良い睡眠を得ることができるようになります。

自己肯定感が高まる

自分は早起きをするんだ!と約束したことが守れます。
すると、「自分は自分に対しての約束を守ることができる、信頼できる」と脳が判断し、自分自身への信頼が貯金され、自己肯定感が高まります。
自己肯定感が高まるとは、すなわち自信がつくということです。
このためだけに、早起きに取り組むメリットがあるといえます。

アイデアが出やすくなる

夜はその日あった出来事や、身体の疲れから前頭葉の働きが鈍いと言えます。
朝は思考がクリアになっているため、アイデアが出やすくなります。
普段疲れてしまい先送りにしているアイデア出しもしやすいそうです。

ポジティブな気持ちになりやすくなる

夜はネガティブな感情に押しつぶされていたが、寝て起きたら気持ちが夜よりも軽くなっていた経験はありませんか?
朝は夜よりも悩みに対してネガティブな反応をしづらく、ポジティブな気持ちでとらえることができます。
1日は24時間しかありません。
同じ時間を過ごすなら、ポジティブなほうがいいですよね。

他の習慣化もしやすくなる

早起きが習慣化すると、ほかの習慣化もしやすくなります。
なぜなら、朝はメールや電話にも邪魔されず、思考もクリアであり、余計なイレギュラーが発生しにくいからです。

まとめ

以上が早起きのメリットです。
早起きを習慣化しない理由はもうありませんね。
ぜひ、分かりやすく、効果が絶大な早起きという習慣から取り組んで、人生を変えていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする