グリットやり抜く力 人生のあらゆる成功を決める究極の能力を身につける

15個の要点まとめ

「今日必死にやる」より「また明日トライする」

本人が希望する場合は、翌日にもう一度チャレンジしてもよいことにする
最初の結果に満足する人もいるかも知れないが、「もう少し頑張れるのではないか」と二度目に挑戦する人もいるはず

「少しでも持久力を高めるために、肉体面や精神面でなにかコツはありませんか」とアドバイスを求める人は、挑戦する頻度が高くなる可能性がある

一日にどれだけ努力するか、よりも毎日目が覚めたときに気合をいれて努力できることの方が重要

やり抜く力=情熱&粘り強さ
情熱は、同じ目標にどれだけ継続的に取り組んでいるか

なぜを問いかけるとつねに~するためという答えが見つかる
最上位の目標は、他の目的の手段ではなく、それ自体が最終的な目的である。これを心理学では「究極的関心」という。究極的関心は、その下に続くすべての目標に方向性と意義を与える「コンパス」である

初心者はニュアンスを見分けるのに必要な背景知識がないからから、微妙な差異を見つけられない。エキスパートは専門知識やスキルの蓄積があるから、初心者には分からないことも見抜くことができる。

情熱を発見する。情熱をはぐくむ。
まずは好き嫌いをはっきりさせる。その後積み上げる。やりたくない、これならよさそうだ、から入ってもいい。とりあえずいいと思ったことをやってみる。
うまくいかなかった場合は、取り消したってかまわない。

情熱を発見するための質問
私はどんなことを考えるのが好きだろう
いつの間にかよく考えるのはどんなこと?
私が本当に大切に思っているのはどんなこと?

興味を持ち続けるためには、さらに興味がわくような機会が何度でも必要であることを忘れないようにしよう。そういう機会を自分で積極的に作ること

興味を掘り下げるには時間がかかることを理解すること。同じ興味を持っている人を探すこと。力強く励ましてくれるメンターを探すこと。意図的な練習をすること

具体的な弱点を絞り、克服する。練習を一人でやる。他人に見せて、フィードバックをもらう。わかっていることと、わかっていないことを区別する

重要度の高い目標は考え抜いてぶれないものにすべきだが、下位の目標は柔軟に、臨機応変に変更することが重要。何度やってもだめだったら、別のやり方を探すこと

悲観主義者よりも、楽観主義者が無力感を乗り越えられる

自分なりの目標をもって、以前はできなかったことをできるようにすることが大事

行動に取り入れたいと思った3つの事

・日記に振り返り項目を作ろう
・物事には時間や、具体的な達成を決めて取り組もう
・たまにこの本を読み返そう

まとめ

売れてるには理由があった。モチベーションは確実に上がる。
早いうちに読んでおくことをおすすめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする