ポモドーロテクニックの効果とやり方や休憩のコツなど

こんにちは、集中力を高めたいワカタです。

ポモドーロテクニックがあまりにも効果的てきめんで驚いているので、紹介します。
ポモドーロテクニックとは、25分の集中と5分の休憩をセットにして行う時間管理術のこと。
なんといってもやり方がとっても簡単!すぐできる!
シンプルながら強力なテクニックです。
ワカタも仕事にはポモドーロテクニックを使っていますが、これがかなりいい!
ポモドーロテクニックとは何か、やり方はどうすればいいのか、効果を出すためのコツをまとめます。

ポモドーロテクニックとは

この素晴らしき時間管理術を爆誕させたのはイタリアのフランチェスコ・シリロ氏。
学生時代に愛用していたキッチンタイマーが「ポモドーロ」の由来とのことです。

作業25分+休憩5分を1セットとします。
この1セットを「1ポモドーロ」と呼びます。
ポモドーロを繰り返して集中するテクニックです。

ポモドーロテクニックの効果は?

集中して作業ができるようになる。
つまり、勉強や仕事に集中して取り組むことができ、生産性が上がります。
気が散りやすく、集中力がないと思っている方にもおすすめです。

ポモドーロテクニックの休憩に行うと良いこと

休憩の研究では、依存性のないことで休憩を取るとよいそうです。
集中して気分が乗っているとつい続けて作業をしたくなります。
ここであえて休憩をしっかりとりましょう。
「せっかく集中できてるのに!もったいない!」という気持ちになるかもしれませんが、休憩を取るほうが、より長く集中して仕事を続けることができるようになります。
つまり、全体の生産性がUPするんです。

ちなみに、「あと少しだけ…」という気持ちで作業を続けると、次の25分で作業が進まず、悲しみにくれます。
後々「集中できない!」「疲れてる!」が発生するので、きちんと休憩を取りましょう。
大切なので、何度も言ってしまいました。

依存性のないこととは?


・部屋の掃除
・メモ帳に思考を書き出し
・ストレッチ
・運動
・瞑想

依存性のあることとは?


・携帯電話でTwitterを徘徊する
・携帯電話でLineを眺める
・インスタをぼけっと眺める

あまりお勧めしない休憩


・悶々と考えても仕方ないことを考える

ポモドーロテクニックのやり方

まず、タイマーを用意します。アプリでも可。
行いたい内容を決めます。
何ポモドーロ行うか決めます。
考えるのが面倒な方や、はじめてポモドーロテクニックを使用する方は、メジャーな下記のセットでどうぞ。

集中25分+休憩5分(1ポモドーロ目)
集中25分+休憩5分(2ポモドーロ目)
集中25分+休憩5分(3ポモドーロ目)
集中25分+休憩15分(4ポモドーロ目)

行いたい内容をポモドーロ単位に分割します。
実際に1ポモドーロ目を実行し、休憩を取りつつ最後のポモドーロまで行うと良いです。

ポモドーロテクニックを効果的に行う3つの方法

方法① 1ポモドーロに1つのことを行うこと

つまり、シングルタスクを徹底するということです。
もし急な用事が入ってポモドーロを中断せざる得ない場合、その1ポモドーロはなかったことと考えます。また25分確保して、集中することとします。
急な用事が入っても断るとより良いです。
会社で仕事をしているとなかなか難しいかもしれませんが、仕事を断るライフハックも人生においては重要です。

方法② 休憩をしっかりとること

ポモドーロの休憩でもお伝えしましたが、25分の集中時に行う作業を休憩に持ち越さないことが肝心です。
休憩は作業と関係ないことを行わないようにしましょう。

方法③ 連続してカウントするタイマーを使う

キッチンタイマーなどで都度タイマーをセットするのも良いですが、可能であれば専用のアプリなどを用いて連続してカウントさせると良いでしょう。
都度都度タイマーを触るとやるタスクが増えてしまい、わずかに集中力が下がるのを体験しました。ポモドーロ専用のアプリをインストールしたことで、集中力が持続したのでお試しください。

ポモドーロテクニックに使うおすすめのアプリ

ワカタが実際に使っているアプリはこれです。

Be Focused

iPhoneで使用しています。無料で使えますが、有料版もあり。
ワカタは無料版で使用しています。
この有料版を購入している会社の先輩がいるのですが、なぜか無料版をおすすめされました。

ポモドーロテクニックにおすすめのタイマー

携帯電話を触れない環境や、アプリで実行すると他のアプリが気になって作業できない…という人もいることでしょう。
そういう方は、タイマーを購入すると良いです。
100均にあるタイマーで十分だと思います。
私は仕事中にアプリを触ることができないシーンが多々あるので、そういうときはバイブタイマーを使用しています。

アプリもタイマーも使えない環境の場合

会社規則でアプリが使えず、タイマーも無いということがあるかもしれません。そのような場合は、WEBでポモドーロテクニックを体験できるサービスもあるので、ぜひ活用してみてください。

ポモドーロテクニックにおすすめの本

ポモドーロテクニックへのモチベーションUP本としてDaigoさんの著書を紹介します。「自分を操る超集中力」
この本を読むとDaigoさんもポモドーロテクニックを使用していることがわかります。
最高なので、ぜひ一読を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする