筋トレでダイエットするなら減量からか増量からか?

「よっしゃ~これから本気出してダイエットに取り組もう!」
と調べてみて、増量期と減量期があることを知ったものの、増量から始めるか、減量から始めるか…。

本格的に筋トレへ取り組むことがはじめてならなおさら、どちらから始めたら良いか悩むことがありますよね。

そんな、増量からすべきか?減量からすべきか?について、運動しない歴28年筋トレ嫌いの社会人が、筋トレ1年続けてみてわかった視点から応えます。

「減量から開始」と「増量から開始」のメリットとデメリット

仮に、全く筋トレや運動にしっかりと取り組んできたことのない人が、筋トレしようと決めて、どちらも3ヶ月やるとします。

それぞれ、減量から始めるメリットも、増量から始めるメリットもあります。

ちなみに、このページでの単語はこう定義しますね。
〇減量…有酸素メインで体脂肪を減らす運動
〇増量…筋トレメインで筋肉を増やす運動

減量(体脂肪減らす)から始めるメリット

3ヶ月後、見た目として痩せて見える可能性が高い
体感としても、増量より早く見た目が痩せやすい印象がある
→体型の変化を感じることができるので、モチベーションが高まりやすい

増量(筋肉増やす)から始めるメリット

3ヶ月後、見た目として痩せて見える可能性がある
うまくいけば、しっかりと筋肉がついて3か月前に比べて食べた量に対して太りづらくなる
→体重はそんなに変わらないのに、確実に引き締まった体感はかなりモチベーションが高まる

減量(体脂肪減らす)から始めるデメリット

3ヶ月前より筋肉が減少して痩せにくくなる可能性が高い

増量(筋肉増やす)から始めるデメリット

3ヶ月前より、見た目として太って見える可能性がある

当然、体脂肪が減量できるか、筋肉が増量できるかは食事にも大きく左右されます。
食事抜きに語っていますが、増量減量って本来食事込みで書くべきでした。

増量と減量を同時に行うこともできる

筋肉を増量しながら体脂肪を減らす方法もあります。
その場合は筋トレをしっかりしながら、食事制限をすること。

筋トレをしっかりする、の「しっかり」って具体的にどれくらい?
この「しっかり」は正直人によるんですよね…。
筋トレできる回数で「しっかり」の具合を測るといいです。
筋肉増える効率は下がるが、体脂肪も減るようになります。

増量と減量のハイブリッド手法は?

その場合の手法は、

■運動面
筋トレあり+有酸素なし

■食事面
ケトジェニック

上記の組み合わせかなぁ~と思ったり。
これは個人の意見なので、もし信頼できるパーソナルトレーナーさんがいれば、おすすめのハイブリッド手法を聞いてみてくださいね。

結局増量から始めると減量から始めるのどっちがいいの?

個人的には、最初からしっかりと筋肉つけていくこと推しです。

でも、食生活に明らかなオーバーカロリーが見られていたり、
栄養面でバランスが悪ければ考える必要がある。

結局、運動するというのは自己コントロールをするということ。
つまり生きる事である。
生きることは選択していくということ。
選択のもとになるのは価値観ですね。

体型管理についてメソッドはある程度確立されています。
自分の価値観にあうメソッドや工夫を選択されてください。

その手ほどきとして、この本がおすすめ。
「10キロ痩せて永久キープするダイエット」
最高のダイエット方法は世の中に答えはないです。
いろんな方法や工夫があるので、最適な方法は自分でしか編み出すことはできません。

メソッドの知識を詰め込むと同時に、自分の心と向き合っていく必要がある。
今だに私は筋トレすることは嫌いですが、筋トレは素晴らしいものだと思っているので、健康的に痩せて自信を持ちたいなら筋トレやってほしいなと思います。

筋トレ増量開始か減量開始かのまとめ

増量から始めても、減量から始めても、どちらでも良いです。
でもできれば増量からやってほしいな~(2度目)
後々の事を考えると、最初に筋肉つけておくほうがいいと思うんですよ。
でも、人間って合理性の生き物ではなく、感情だったりバイアスに左右される生き物なので、どっちを選択するほうがより自分の価値観にあうのか、メリットがあるのかで考えてほしいですね。

まず、ダイエットに筋トレをしようと考えた心が素晴らしいです。
心から応援します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする