空腹感に集中を邪魔されない方法を考える

どうすれば空腹感を感じずに集中することができるのか?

空腹感が邪魔をして、勉強や仕事に集中することができない…。
やりたい作業に集中したいのに、空腹感が気になって集中できないことってありますよね。
ここでは、空腹感に邪魔されず集中できるようになるためにはどうすればよいかを考えます。

空腹感を抑えるために何かを口にする

何かを口にして、空腹感を取り消し、集中できるようにしましょう。
どんなものを食べればいいのでしょうか。
糖質を制限して痩せたい場合は、糖質の低い間食をおすすめします。
ゆでたまごや、ささみなど…今はコンビニで低糖質なものが多く販売されています。
なお、よほどの理由がない限り、ダイエットをしている以上、お菓子を間食にすることはおすすめしません。

集中する仕組みを作る

集中を仕組みでコントロールしましょう。
具体的には、自分の集中できる環境を知ることです。
図書館やカフェ、自宅など自分が集中できる環境がどこなのかを知りましょう。
作業する内容をすべてイメージングできるようになることで、集中力を高める方法もあります。

感情コントロール力を鍛える

認知行動療法で自分を知り、感情をコントロールします。
思考回路、考え方から変えるアプローチです。
ストレスが大きく低減するため、空腹に悩まされることも少なくなります。
この方法をマスターすると、人生のあらゆるところに応用が効きます。

まとめ

空腹感を抑えて集中するには、食事以外にも多くのアプローチ方法があります。
とくに認知行動療法については、考え方という脳の根本的な部分から解決することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする